就職を決めるポイントを抑えると採用率がグーンとアップ

支援サービスも拡充

採用は増えています

Commitment

就職が決まらないという問題に関しては、これまでは日本経済が低迷していたことや海外の景気も後退傾向にあり、企業が雇用を抑えていたことが影響しています。しかしながら、一昨年からのいわゆるアベノミクスによる株高・円安傾向による景気好転によって就職環境も好転しています。 これにより、新卒の就職から転職まで求人が増えています。特に転職に関しては、これまで採用を抑えていた期間に就職が決まらないとして定職に就くことができなかった世代も就職が決まりやすくなっています。さらに専門職以外でも営業や事務職といった職種でも募集が増加傾向にあります。 また、支援のサービスが拡大していることも就職が決まらない問題の改善に寄与しています。

支援サービスの充実です

就職が決まらない問題の今後の予測として、求人が増えるだけでなく、サポートするためのサービスも充実することが考えられます。 行政機関や民間企業では、採用が抑えられていた2000年代で正社員として就職が決まらない世代を支援する動きが高まっており、中でも人材派遣会社や人材紹介会社で正社員として就職支援するサービスが拡大し、正社員を希望する方が特に利用しています。拡大している理由は、働きながらでも就職を探すことができ、支援会社の担当者が仲介して対応してくれて、希望に沿った求人を紹介されるとして利便性が高いです。また、取り扱っている求人の種類が多いのも魅力となっています。このため、今後も需要が拡大することが予測されます。