就職を決めるポイントを抑えると採用率がグーンとアップ

熱意をアピール

現代の就職事情

Commitment

皆さんは就職活動をしていますでしょうか。 就職活動と言うものは本当に大変なものです。 その大変な活動で死命を決するものは今も昔も情報です。 その情報、今後の就職事情について述べましょう。 その就職事情ですが、 今は求人倍率が高く新卒も既卒も売り手市場が続いています。 ただし一握りの優秀な人物に内定が大量に出て それ以外の人間にはまったく出ない二極化の傾向が強く出ています。 また一部の大手企業に人気が集中し、 それ以外の中小企業には人が集まりにくい傾向があります。 この「売り手市場、二極化、大手企業の極端な人気」の傾向は 恐らく東京五輪が終わるまでは続くでしょう。 そんな世の中で就職するためにはいったいどうすればいいのか。 これからはその点について書かせていただきます。

好意と熱意の大切さ

就職が決まる人のタイプはさまざまですが、 決まらないタイプの人にはある共通点があります。 それは「面接官の人が一緒に働きたいと思ってくれないタイプ」である点です。 これは抽象的なものなので説明は難しいのですが、 この人と一緒に働きたいと面接官に思われない場合、 就職が決まらないのは当然と言えます。 ではどうすればいいのでしょうか。 相手に好意と熱意を必死になって伝える、これしかありません。 そんな事では就職は決まらないと考えられる人も多いでしょう。 しかし好意と熱意を伝えるどころか流れ作業的に面接をしている人が 実は多いのです。 大量に履歴書を出して大量に面接をする以上当然と言えば当然なのですが、 それが原因で就職が決まらない人が結講います。 就職が決まらない人はまずその辺を改善すれば うまく行くかもしれません。