就職を決めるポイントを抑えると採用率がグーンとアップ

未経験者もOK

Commitment

就職が決まらなくて悩んでいる人でも、エステティシャンになれる可能性は十分にあります。未経験者でもとれる資格があるので、資格を取得することで企業側にアピールすることができ採用されやすくなります。

Read More

決まらない時の逃げ道

ハロワやブログを賢く利用

Commitment

景気の回復と共に、新卒の人の就職率もアップしてきました。この分で行けば、就職氷河期と言われた時代は終わるかもしれません。しかしながら、全ての学生に内定が降りる訳ではありません。就職率の上昇が見られるのは、大都市が中心で、地域的に採用数が少ない所が数多くあります。新卒の募集が解禁となると同時に、内定が出る人と、なかなか採用が決まらない人の落差が大きいのも現実です。しかし、採用が決まらないと言って諦めることはなりません。学校の就職課が頼りにならない場合は、利用できる社会資源を、最大限に利用するべきです。特にハローワークなどは、新卒の人が訪ねると丁寧に応対してくれます。また、携帯、スマホの求人情報だけでなく、ネットの求人ブログも調べておきましょう。

中途採用という逃げ道

今年は、新卒採用の滑り出しが好調であるといっても、採用が決まらない人には、厳しいことになりそうです。採用が決まらない人は、何が問題なのか、検証を行う必要があります。応募する会社が、大企業ばかりに偏っていないか、自身の専門外の就職先を選んでいないかなど、企業の選択にも違う目を向けるべきです。それでも、就職が決まらない時は、とっておきの逃げ道があります。それは中途採用という選択肢です。中途採用の条件は、直ぐに仕事ができる人材ですが、新卒の人が応募しても採用となる企業も多いのです。神速採用の応募に比べて、競争率も低く、採用されやすい条件が整っています。そのような企業を調べるにも、ハロワは大きな手掛かりのいりぐちとなります。

支援サービスも拡充

Commitment

景気好転傾向により、これまで抑えられていた採用が多くなっているので、就職が決まらない問題は改善しています。さらに行政機関や民間企業などでの支援サービスの拡充によって、より就職しやすい環境が整っています。

Read More

熱意をアピール

Commitment

第一段落では現代の就職事情が「売り手市場、二極化、大手企業の極端な人気」という特徴がある点を述べています。第二段落では就職が決まらないのは面接官への印象が悪い事が原因であり、熱意と好意をアピールすることの大切さについて。

Read More